多磨霊園のデザイン(4)

0

    さて、多磨霊園の墓では、扉がつけられ、おそらく中部に遺骨を収納していると思われる墓石が見られます。これを仮に納骨堂型と分類します。この形式が結構多く、神殿のスタイルを取入れたものやモダンなものまで数種に細別できます。
    以下それぞれ見ていくことにします。

    納骨堂+墳墓型。
    (3)でも取り上げた墳墓型ですが、納骨する空間を台にして、上部に墳丘を模した立体を載せたもの。


     
     
     
    墳丘を模したドームの下部はやはりシンメトリーにつくられています。
    上部の曲面などコンクリート系で作ったものは、雨に洗われて黒ずんでいます。やはり石は年月に打ち勝つ素材であることがわかります。
     

    納骨堂+霊廟型。
    神社風、仏殿風、単純な切妻屋根から唐破風形式の曲線屋根までいろいろとそろっています。中には小堂というよりも建築物となっているものもあります。

     
    切妻型反屋根を持つ神社風
     

    唐破風相輪付き仏塔風       切妻型の始原的形体;大谷石製
     
    ほとんど建築物。右のものは築地本願寺の影響と思われます(真宗?)



    納骨堂+ギリシャ神殿型。

    納骨空間の上部や前面にギリシャ神殿のモチーフが取り付けられたもの。屋根に墳丘が載っているものもあります。

     

    ドリス式柱頭やエンタブラチュアのようなモチーフ
     
    古典的要素を取り入れながら門型に
     
    ギリシャ神殿+唐破風の和洋折衷型
     
    屋根にもしっかりと手が加わっています


    納骨堂+ヴォールト型。
    納骨空間の屋根をヴォールトというカカマボコ型屋根として、正面にそのアーチを見せたもの。

     
     
    結構多く見られる形です。雨仕舞がよいのかもしれません。
    ヴォールト下部両端に古典的付柱を設けることが多いようです。


    納骨堂+表現主義ドーム型。
    これも多く見られるスタイルで様式の分類が難しいのですが、上部にドームを乗せ、正面を曲線や古典風の門型にデザインした、20世紀初期の表現主義建築風なもの。


    ゲーテアヌム 1928 シュタイナー設計 建築学会編「近代建築図集」より
    表現主義建築・第一次大戦後主にドイツで起こった、幻想的で自由な曲線などを用いた建築様式。日本でも関東大震災後の復興建築に用いられた。

     
     
    屋根には大概ドームが載っているので、上記墳墓型の類型と考えることも出来ますが、前面が切り落とされた形なので、アーチ型があらわれ、そこに何らかのデザインが施されています。


    納骨堂+モダニズム型。
    装飾を廃し、幾何学的な立体で構成された、モダニズム建築の手法を取り入れた形体のもの。

     
    少し古典的要素を持った硬く堅実な表現
     
    灯篭までもモダニズム       徹底してモダニズム

    その他の納骨堂型。
    上記の形式を混用したものやその他の形。

     
    モダニズム+墳墓形式       神殿風+モダニズム
     
    とんがり屋根がなんとなくゴシック調。



    さて、最後に墓地のイメージから突抜けた興味深いものの例を紹介します(おそらく広い敷地内には他にもあるはずですが)。

    上記モダニズム型ですがその巨大な例。3m以上の高さがあると思われます。


    これも2m以上の高さがあります。

    本体は長年の風雨に晒されていますが、それをむしろ逆手に取り、前面献花台を現代の工業製品:ガラスやスチールなどで作り対比させて、時間の蓄積を表現した心憎い演出と見ました。


    球体の墓石も多く存在しますが、これはさらに上部に方形の盤を乗せています。盤の端部は直角ではなく斜めにカットされています。抽象彫刻のようでもあります。



    ご存知の通りピラミッドも墓ですが、エジプトだけでなく古代ローマでも墓石として採用することがありました。エジプト〜ローマ〜多磨へとはるばるやって来たことになります。
     


    18世紀の著名な版画家ピラネージが描いたローマ、ガイウス・ケスティウスの墓(BC.12頃)


    おそらく内部に墓があるのだと思いますが、それを木造の覆屋でかこった例。覆堂は平泉の中尊寺金色堂、宇治上神社など実例があります。


    自らの眠る墓の隣に、生前の姿を永遠にとどめているようです。墓石のデザインと同様ダンディーであります。



    多磨霊園は著名人が多く眠っているので、それらを訪ね歩く人も多いと思いますが、本編では墓石などのデザインを純粋にあれこれ鑑賞いたしました。





    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM