木造住宅の耐震補強 Ver2(2)

0
     

    前項(1)で考察した構造的弱点を改善するために、この住宅の改修計画を策定しました。



    まず弱点1:出窓。


    建物隅の重要な場所であるので1,2階とも出窓は撤去し、耐震壁を設置します。(Mission1)



    弱点2:西側外壁からの張出し。


    張出した部分を撤去し、外壁をしっかりと形成し(一部に窓を付けますが)、耐震壁形成します。(Mission2)



    弱点3:2階南壁がしっかり支えられていない。
     
    まず基礎がないので、基礎を設置  その後、耐震壁形成
    東端で、直交するラインにも基礎、耐震壁を入れる

    1階下屋内部にある2階南外壁のライン下に新たに耐震壁を設置。
    この場合基礎がないので基礎も挿入し、耐震壁用の土台、柱も新たに設置します。

    また、この部分東端で直交する南北のラインにも基礎がなかったので基礎を入れそこにも耐震壁を一部設置(一部プラン変更)。(Mission3)



    →耐震壁の考え方については「木造住宅の耐震補強 Ver.1」をご参考ください。



    弱点4:2階段差の梁の支持と固定。


    2階の段差を解消(バリアフリー化)するとともに、この梁を支える柱を1階に設置。(Mission4)


     

    弱点5:2階北側の不安定な張出し。


    北側2階の張出した部分、幅を小さくして、同時に1階の北面に出張った部分も撤去し、プランを整理して、一体の外壁(耐震壁)を形成させます。
    この張出し部分は壁を造って支持。支持壁の下には基礎も設置します。
    Mission5)


    最後に既存の壁にスジカイを追加し、もとあるスジカイや柱には補強金物を付加します。(Mission6)




    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM